即日仕上げを行う印刷業者

名刺印刷なら即日仕上げできる業者が便利

名刺の即日仕上げ ビジネスの現場において名刺は必需品とも言うべきアイテムです。特に初対面の相手とは然るべきビジネスマナーとともに名刺を交換することが欠かせません。そんな時に自分の伝えたい情報、そしてビジネスパートナーとしての印象を的確に伝えるためにも名刺のデザインや質感はとても大切となってきます。
このような名刺は自宅のパソコンやプリンターで簡単に作成することもできますが、しかしそのクオリティはやはりプロの印刷業者が手がけたものには及びません。印刷業者を活用すれば、受付窓口で用紙のサイズや手触りも確認できますし、様々なサンプルを見ながらフォントやデザインなどの細かな内容も決めていくことができます。
また、即日に完成品を手にしたい場合にはリクエストに応じて納期を設定してくれるものもあり、数時間程度で仕上がってくるケースも少なくありません。
また、これらの即日仕上げの印刷業者では、一度依頼した印刷データに関して長期保存してもらうことも可能なので、後日再び追加発注したい時には電話一本、あるいはメール一通で依頼することが可能です。
これらを有効活用することで大きな利便性を獲得できるでしょう。

名刺が足りない時の対処法

「名刺が足りない」という状態は、ビジネスマンとしては失格です。少なくとも、手元に10枚・オフィスに20枚は用意しておくのが基本です。
人によっては、これよりも多く必要になることもあるので、用意しておくべき枚数は常に把握しておきましょう。とはいえ、うっかりしていて名刺が足りない状態になってしまうことはあります。
その場合は、まず相手にその旨を伝えてお詫びしましょう。それから、会社名と氏名をはっきり名乗ります。
内心は慌てていても、決してそれを表には出してはいけません。もし了解が得られれば、メモ用紙などに書いて渡したり、相手のメールアドレスに送るという手もあります。そして、後でこちらから送るということを伝えましょう。
送る際は封筒に入れますが、送付状も同封するのを忘れないように。これを忘れると、マナー違反となります。
また、相手から「次にお会いした時でけっこうです」と言われたら、送る必要はありません。次に会った時に渡せばOKです。