即日仕上げを行う印刷業者

ビジネスシーンで失敗しない名刺の置き方

ビジネスシーンで失敗しない名刺の置き方 お取引の打ち合わせや、就職・転職活動で名刺交換をおこなうことは良くあると思います。
受け取った後の、着席時の置き方にもビジネスマナーがありますので、以下に紹介します。
1.置き場所は一般的には机の左上
会議机や応接間の机でしたら、左手の少し奥の見える場所に置きましょう。
2.相手が一人の場合は名刺入れの上に乗せる。
そのまま机の上には置かず、名刺入れの上に乗せましょう。
3.相手が複数の場合は一番目上の方を優先する。
相手が複数人の場合は名前を会話中に確認する意味も含めて相手の着席順に並べます。
そして、一番目上の方のみ名刺入れの上に乗せましょう。
なお、打ち合わせや面談・面接の中で資料が多くなってしまいそうな時などは、散らかることを避けるために 相手に一言伝えてから、しまっても構いません。
ただし、胸ポケットなどにはしまわないようにしましょう。
以上のように、置き方一つで評価が変わりますのでビジネスマナーとして、しっかりと心がけておきましょう。

名刺を処分するときの注意点

ビジネスマンの顔と言っても過言ではない名刺ですが、個人情報保護の観点から言ってもその取扱いには注意しなければいけません。
名刺には名前の他に会社の住所や電話番号も記載されているため、安易に取り扱ってはいけません。
交換はしたもののその後交流がなかったり、もらってから年数が経過して情報が古くなってしまった名刺などは処分しても大丈夫ですが、その性質上捨て方に迷ってしまうものです。
間違ってもそのままゴミ箱に放り込んではいけません。
処分する際はシュレッダーにかけるか、廃棄ボックスに入れるのが正しい処分方法と言えるでしょう。
相手の顔でもある名刺を捨てることに抵抗がある人も多いですが、あまりに溜まっていると逆に目的のものを探し出すのに苦労するなど、仕事で不利益も生じてきます。
一年に一度など、自分でタイミングを決めて、整理を兼ねて処分する習慣をつけておくのが良いでしょう。
また、専用のホルダーなどを利用すると、管理しやすくて便利です。